翻訳会社の選び方
2018年8月3日

翻訳会社に依頼してみよう

英語を理解し、それを翻訳することができるようにするには、別のスキルです。

一見同じスキルと思われるものの、翻訳は専門性の高い技術です。英語力があれば、英語の文章を日本語に訳すことができます。しかし、英語圏と日本国は文化的にも歴史的にも大きな違いがあります。英語の意味を辞書に訳すと、とても堅苦しい文章になるのが難点です。

また、文章の意味が崩れて倒れそうになります。簡単な英訳があれば自分でできます。しかし、翻訳会社に、ミスをすることを許されないビジネス関連のことをしてもらう。要求は個人でも出せます。米国企業から受け取った長期の電子メール、契約書、ビジネス文書は自分では翻訳されておらず、専門家の適切な翻訳があればトラブルを避けることができます。

翻訳会社と聞けば敷居が高いという印象かもしれません。以前は手数料が高かったです。しかし最近では、コストパフォーマンスが非常に高くなっています。個人のお小遣いで快くお願いできるレベルです。

また以前はかなりの金額しか受け入れられませんでしたが、最近はビジネス文書から翻訳会社に文字通り1人で相談できるようになりました。英語は私たちが比較的慣れ親しんだ外国語ですが、アメリカの歴史や文化を知らなければ、本当の日本語訳ができません。

素人がビジネス文書および重要な電子メールをに翻訳することの含意を逆にするかもしれないので、専門の技術に真剣に頼ることはサイトおよび顧客のための悩みを引き起こすことが最善であるといえるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *