翻訳会社の選び方
2018年11月6日

翻訳会社で転職で翻訳者として働いて感じた事について

翻訳会社で翻訳者として未経験で転職して働くメリットには次のような事が考えられます。

一番のメリットはその言語の翻訳の仕事を行う事で、必然的に翻訳だけでなく翻訳する文書に対する知識を理解する必要があり、様々な学問の知識を学べて知識が付いて行くことです。他のメリットは、仕事には納期が存在しますがそれさへ守っていれば自分の好きな時間に仕事を出来るため、時間の自由ができて仕事以外の趣味の時間も取れるようになる事です。

例えば2週間後が納期の仕事を1週間で仕上げてしまえば、残りの1週間は長期旅行をしても問題ないというぐらい自分で働き方を自由に選べます。それ以外には、正社員なら固定給ですがフリーランス契約をすれば収入は出来高制になるので、スキルを身に着けてより高度な翻訳の仕事をやればやるほど翻訳会社がら歩合給で沢山もらえて、努力次第で正社員で働くより大幅に高額な報酬を得られる事です。

翻訳会社で翻訳者として未経験で転職して働くデメリットには次のような事があります。翻訳の仕事は原則として一般企業の会社員とは違って、チームを組んで企画やプロジェクトを行う事がないので、チームを組んで働く事のような共同で仕事を成功させる達成感は得られないです。

どちらかと言うと一人で部屋にコツコツと行う仕事なのでコミュニケーションが好きな人だと辛い仕事です。また翻訳の仕事は同じ仕事をコツコツやって行く仕事なので、変化や刺激もないため同じ作業の繰り返しが嫌いな人にとって苦痛な仕事である事がデメリットです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *