翻訳会社の選び方
2018年11月9日

翻訳会社とその選び方

翻訳会社とは、ある言語で書かれた文章を他の言語に直す業務を請け負っている会社です。

ただ文章を他言語化するだけではなく、その用途に合わせてレイアウトを編集したりサイトを作成したりするサービスを行っている会社もあります。翻訳会社の多くは、翻訳作業をフリーランスの翻訳者に委託していることが多いです。翻訳を依頼すると、コーディネーターが適切な翻訳者を選び、校正・校閲を経て納品されます。

翻訳会社を選ぶときは、納期と見積もりだけでなく、品質が十分であるか検討が必要です。まず、納期があまりに早いものは校正の段階が飛ばされている可能性があるため、作業工程を注意しましょう。また、原稿の分野や用途に適した翻訳者が在籍しているのか確認します。翻訳物の用途としては、例えばビジネス、医療、IT、特許、法律、金融、一般書籍などが挙げられます。

事前に、依頼する翻訳会社の得意とする専門分野が自分の希望と合っているのか調査しておきましょう。さらに、コーディネーターの対応が信頼できるものである事が大切です。コーディネーターは、クライアントと翻訳者の間に立ち、その後の校正・校閲の手配をすることも多く、利用目的や販売先に相応しい文章表現や文体などになるように調整する仕事をしています。要望をすり合わせるだけでなく、編集等のサービスや事後の質問等のアフターフォローを請け負ってくれるのかもコーディネーターに確認しておくことも重要です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *