翻訳会社の選び方
2018年12月3日

翻訳会社の仕事内容とは

翻訳会社がどのような仕事を行っているかというと、イメージ的にはオフィスにこもって黙々とひたすら作業を行っているように思わればちですが、実際は少し違っていて社内に何人かの翻訳者を抱えていて翻訳を行っているといった会社は稀で、翻訳そのものは外部に委託している所がほとんどです。

ではどのような事をしているのかというと、外部に委託する受注発注の作業やそれに関わる業務の取りまとめを行っています。社内に数人いる翻訳者だけでは様々な分野の多岐に渡る作業をこなすことは到底無理なので、外部委託先の翻訳者リストの中から行う仕事の種類や性質、内容などを考慮して一番ふさわしいと思われる翻訳者を選ぶ必要があるのです。翻訳者はそれぞれに専門の分野をもっていて、文章のタイプや傾向の違いから得意なものとそうでないものとはっきり分かれます。

翻訳会社はそれぞれ独自のノウハウを持っていて、この翻訳者の選定と手配こそが翻訳会社の腕の見せ所で、他社との違いを明確にできる所とも言えます。また、翻訳者が作業を終えた物をチェックする業務もありますが、こちらも自社内で行う所もあればチェック作業も外部委託する会社があったり、全文をすべてチェックする所もあれば一部だけをスポット的に行う所もあったり、人の目ですべてチェックする所もあればパソコンで行う所もあるなど、会社の方針や考え方、姿勢などが大きく反映され各社の特色が大きく表れる所です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *